昭和 26年  玉信会発会 結成の会
 岡本白濤先生を会長に20数名にて
 玉信書展 始まる
 昭和 30年  第1回 総会 (於名鉄高蔵寮)
 昭和 31年  第2回 総会 (於名鉄桃太郎クラブ)約40名
  会則の制定 会員名簿作成
 昭和 36年  第1回 玉信児童・生徒書初展開始 (現在に至る)
 昭和 46年  中部書教育連合会(中書連)始まる
 昭和 49年  会の組織の制定
   会長・常任理事・理事・同人・準同人・特別会員・顧問 
   業務分担
(総務・庶務部・会計部・渉外部・教育部・研究部・事業部
            褒章部・会員部・会計監査)
 昭和 50年  記録部・広報部を新設し渉外部は総務に吸収
  会報「玉信」創刊
 昭和 51年  玉信選抜展 (於中日ビル4Fギャラリー)40点出品
 昭和 53年  会長 愛知教育大学を退官
   退官記念展を開催
   退官記念集「白濤」制作
 昭和 54年  本部移転(現会長宅)
 業務(各部)ごとに「相談役」新設
 研修旅行(秋の行楽)始まる
 昭和 56年  練成会(中村公園記念館)始まる   以後現在に至る
 昭和 57年  第32回 玉信書展図録作成(常任理事作品のみ)
 昭和 58年  副会長 新設
 研修部 新設

「玉信名鑑」作成
 昭和 59年  夏季合宿練成会始まる(以後7回開催)
 昭和 61年  新春玉信小品展(選抜)始まる(於ギャラリー無我)
 平成  元年  海外研修旅行始まる
 練成会盛んに行われる
 外部展覧会(公募展)実施委員 新設
 中書連の中にテキスト作成委員会 新設
 会長 喜寿記念作品 頒布
 平成  3年  ジュニアコンクール展始まる(中書連最高段取得者による)
 平成  7年  第45回 玉信書展記念展 作品集 作成
 平成 10年  小品展委員新設
 新春玉信小品展を妙香園画廊とギャラリー無我にて開催(現在に至る)
 平成 12年  新春玉信小品展に於ける講演会始まる
 第 1回 準会員展 開催
 第50回 玉信書展記念展 作品集 作成
 平成 13年  会長米寿記念作品展と頒布
 平成 15年  会長の人柄・業績を会員に伝達すべく「白濤先生の教え-恬澹雍容」作成
 平成 17年  第55回 玉信書展記念展 作品集 作成
 愛・地球博 参加出品
 平成 18年  会長の胸像・書碑作成
 平成 19年  組織の変更 会長代行職の設置 会員部は庶務部褒章部は教育部へ統合
 平成  20年 5月  岡本白濤会長 死去
 平成  21年 5月  岡本苔泉先生会長就任 組織変更
 平成  25年 5月  2年に1度の組織変更(係の見直し)
  平成  30年 5月   天野白雲先生会長就任 一部組織変更
もどる
会の沿革